消費者金融の審査に何かと影響を与える信用情報について、簡単な概要やポイントを知っておきましょう。

信用情報の登録情報と審査に与える影響度

キャッシングについて色々と勉強してから利用しようという、用意周到な人も多いと思いますが、その際に良く出てくる言葉として「信用情報機関」というのがあります。あまり聞きなれない言葉ですが、実際どのような機能を持っている機関なのでしょうか。

キャッシングなどに関する情報が集まる

信用情報機関とは

キャッシングだけでなくクレジットカードを作る場合でも、住所や電話などの個人情報、家族構成や住居の情報などは細かく聞かれることになります。そして、それと同時に金融機関で借り入れをしているかと言ったことも聞かれます。

こういった情報を一手に集めて保管しているのが「信用情報機関」で、キャッシングサービスやカードローンサービスを行っている金融機関のほとんどが、この「信用情報機関」に加盟しているのです。

具体的には「全国銀行協会」や「指定信用情報機関のCIC」など名称は違っているのですが、どの団体も同じ情報を持っています。つまり、キャッシングを使ったことがなくてもカードローンやクレジットカードを利用したことがあれば、利用者の個人情報や過去の契約内容、借金の残高までが全て登録されてしまっていることになるわけです。

ただし、過去の実績に特に問題がなければ怖がる必要はないので心配はありません。

審査においてはプラスに働く場合も

寧ろ、過去のクレジット利用が審査においてはプラスに働く場合もあります。信用情報が真っ白な状態の方よりも、過去に利用していてしっかりと返済をしている方のほうが、審査においては信用が高いと見られることもあるのです。

やはり「利用履歴」というのは一つの大きな武器となりますので、信用情報を傷付けないためにも借りたら期日通りに返済を行うようにしましょう。

トップへ戻る