便利で負担が少なく感じるリボルビング払いによる返済は、注意をしておかないと負担が大きくなる場合があります。

役立つリボ払いに潜む罠に注意

消費者金融でのキャッシングは、お金のピンチを凌ぐのにとても役立ってくれます。申し込みも手軽、利用も簡単なので気軽に使えて便利だからです。でも、気軽に使えるからこそ、気をつけていだきたいポイントもあります。それは「リボ払い」についてです。

コツコツ返せてとても便利

リボ払いは毎月一定額ずつ返済を行います。そして、その返済額の中に利息と元金が含まれています。

例えば10万円を1ヶ月、金利18%で借り入れした場合は、1,500円ほどの利息が必要となります。毎月1万円ずつの返済となっていれば、1万円の中に1,500円の利息と、8,500円の元金が含まれていることになります。ですので、この支払いが終わった段階で91,500の残高となります。

次の月はこの残高に対して利息が計算されますので、同じ1万円でも元金と利息のバランスは変わっていき、段々と元金の減りが大きくなっていきます。

毎月一定額ずつの返済なので、返済の負担を少なくしてくれるリボ払いですが、このシステムのために返済が長びく傾向があるのです。特に返済額を少なめに設定している場合は、利息の割合が大きくなるために返済は中々終わりません。

残高スライドリボルビング方式に要注意

特に気をつけて欲しいのが残高スライドリボルビングです。

これは毎月の返済額が、借り入れ残高に応じて段階的に変化していく方式です。借り入れ額が大きいのに返済額が少なくては、中々返済が終わりません。ですが、この方式なら借り入れ額が多い時には、返済額もそれに応じたモノになってくれます。

と、書くととてもありがたいモノになるのですが、問題は借り入れ残高が少なくなってきた時です。多くの場合で必要以上に少ない返済額になっていて、返済がとても長引き、結果として多くの利息を払うことになってしまうからです。

10万円以下の場合は返済額が4,000円などとなっていると、先程の計算に当てはめた場合で4,000円の中の利息は1,500円、残高は2,500円しか減りません。つまり完済までの期間はかなり長くなります。

返せる時に返してこそ役立つ

実際、リボルビングは毎月の返済の負担を軽くしてくれます。お金が無いから借りたのに返済に追われてしまってはあまり意味がありません。リボルビングを有効に使うには、コツコツと返済しながらも、まとまったお金が出来た時には一気に返してしまう。

これがリボルビングを使う1番のコツと言えます。

トップへ戻る