借金である感覚を忘れてしまうと、キャッシングの利用は計画性を失ってしまいます。

計画返済出来ない理由とは

キャッシングにおける注意点は、金銭感覚が麻痺してカード破産にならないようにしなければならないことです。カード破産という言葉は何年も前から聞かれる言葉ですが、この現象はキャッシングを繰り返していくうちに、金銭感覚が麻痺することによって引き起こされる末路です。

キャッシングするお金は、自分のものではないと誰もが理解していると思いますが、それでも毎年カード破産者が後を絶ちません。その原因は計画的な返済が出来ていないということなのですが、実は計画的な返済をするには、キャッシング方法が大きく作用します。

目的によるキャッシングの違い

例えば一般金融機関で住宅ローンを組む場合、借り入れ審査やそれに係る手続きは煩雑で厳格です。一方、消費者金融での借り入れは、利用客が利用し易いように、借り入れ審査や利用自体は簡単に出来るようになっています。

住宅ローンと消費者金融でのキャッシングでは、金額に大きさが違うので住宅ローンの方が借り入れの苦労が大きいのは事実です。しかし、住宅ローンと消費者金融のキャッシングでは、利用の目的が大きく違います。

住宅ローンでの借り入れは住宅の為にしか利用できませんが、消費者金融でのキャッシングは多目的な用途で利用できます。

計画返済する為の注意点

消費者金融でキャッシングをする人の中にも、1回しか借り入れをしないという人はいると思いますが、消費者金融でカード破産した人の中には、たった1回の利用でカード破産してしまった人はほとんどいません。それは、借り入れ金額が大きくても、1回の利用であれば計画返済し易いからです。

キャッシングは継続利用すると、どうしても返済計画が立て難くなる一方で、借り易い利便性だけは変わらないので、借金がついつい膨らんでしまうという現象が起き易くなってしまうのです。

消費者金融でキャッシング利用する際には、計画的に返済し易いように、煩雑したキャッシングにならないように注意しましょう。

トップへ戻る