借金の事実が信用情報機関に登録されると、情報が残っている間はローン審査に悪影響が出る場合があります。

信用情報には十分に注意しておく

消費者金融のキャッシングを利用すると、信用情報にそのことが記載されます。返済をしっかり進めていくのであれば良いですが、返済をしなかった場合は信用情報に悪いイメージが書き込まれることになります。

消費者金融のキャッシングは金利が高く、返済を困難にしている所があります。そのため、信用情報に与える影響というのも大きいのです。

信用情報に悪いことが書かれると

返済しないで放置していた場合、またはそれに準ずるようなことをしていると、キャッシングに関する信用情報に記載されます。

記載された情報を元に審査を行っているので、この情報に悪いことがかかれていればまず審査に通らなくなります。他社から借入が出来ないという状態になりますから、結構辛いこともあります。

また、以前まで借りられた会社から断られることもありますし、クレジットカードすら発行できないような状態になります。信用情報に書かれていることが悪くなってしまえば、それだけ信用を失っていると考えてください。消費者金融のキャッシングを利用する場合、返済できなかった場合のデメリットが非常に大きくなります。

取り戻すまでに時間がかかる

信用情報をいい物に変えるには相当な年数を必要とします。何もしないで放置していれば7年くらいはかかると言われており、その間はあらゆる審査に落とされ続けることになります。

金融事故という部分は非常に大きな情報であり、人の信頼を潰してしまう可能性が高いです。しかし、取り戻すには相当な時間がかかります。

仮に返済を行っていたとしても、それ以外の情報で悪いものが消されるということは基本的にありません。その情報は常に残り続けることになり、いい情報の中に悪いものが1つでもあれば審査に落とされることになります。

キャッシングで返済をしなかった場合、こうした情報によって後から苦しむことになるのです。

トップへ戻る