生活費でも交際費でも、キャッシングは生計費に限れば自由にお金が使えます。

使い道はある程度自由で嬉しい借り入れ

消費者金融のキャッシングで得たお金は、基本的に生計費に限れば使い道が自由です。基本的にとしたのは、キャッシングで得たお金は、事業性資金にはできないことがほとんどだからです。

事業性資金のためには事業性資金のためのプランがあるので、そちらをお選びいただくことになるでしょう。それ以外であれば、生活費であっても趣味の出費でも、生計費に限ればどんな使い方をしてもOKということになります。

カーローンや教育ローンなど、使い道が限定されている借り入れも少ない中、自由度が高いキャッシングは、ちょっとした買い物やイベントごとなどで頼りになる借り入れと言えます。

また、消費者金融のキャッシングの限度額も、最高数百万円というように高額融資も見込めるものになっていますので、幅広い用途に対応できます。

パートやアルバイトでもOK

消費者金融のキャッシングは正社員でないと利用できないんじゃと考えてしまうかもしれませんが、そんなことはありません。正社員のみ申し込み可能というような消費者金融のキャッシングは、おそらくお目にかかれないでしょう。

それくらい、パートやアルバイトでも申し込みができるというのが当たり前になっています。

だからこそ、多くの方に消費者金融のキャッシングはご利用いただけるのです。正社員で安定収入を得ていればそれが審査でプラスになりえますが、パートやアルバイトでも毎月の収入がだいたい同じで安定しているという方は多くいます。収入が少なかったとしても収入の安定が見込めるなら、それはプラスになりえるということなのです。

後少しお金があると安心、といった場合に、キャッシングという選択肢を思い浮かべることで、生活をより豊かにできるのではないでしょうか。

トップへ戻る