即日融資や即日審査で借りたい方のために、素早いキャッシング情報をまとめています。

消費者金融の多くは最短即日融資対応

急に現金が必要になったときでも、消費者金融のキャッシングなら最短即日融資も可能としているために何かと助かります。審査時間も素早いため、借りられるか分からない、借りられないなら他の用立てをしなければならない状況でも、スピーディな手続きで突然の出費に対応してくれるのです。

平日の午前中の即日融資はもちろん、消費者金融によっては夕方や週末の土日であっても当日中に借りられる手続きの方法もありますので、すぐに借りたいときには素早く借りられる手順も知っておくと良いでしょう。

手軽な申し込みはインターネット審査

手軽に申し込める 申し込みをして審査を受け、契約をして借り入れを行う消費者金融のキャッシングには、申し込み方法も様々なものが用意されています。店頭窓口や契約機、電話や郵送やFAX、そしてパソコンやスマートフォンを使ったインターネットでの申し込みです。

一昔前は自動契約機での手続きが主流ではありましたが、今では来店不要で申し込めるネット審査がメインとなっており、Web上での手続きのために24時間申し込みが可能です。契約もそのままWeb上で行うこともでき、銀行振り込みで借りるのであれば、一度も消費者金融の店舗や契約機まで行かずに借りられるようにもなっています。

ただ、銀行振り込みで借りる場合には即日融資の対応可能時間の制限が厳しく、手続きに手間取ると、当日中の融資に間に合わなくなる可能性もあるので、注意が必要です。

素早く正確に消費者金融を利用するためには

手軽なネット上でのWeb契約も、急ぎの融資を希望される場合には若干ながら不安が残ります。なるべくなら早くに借りたいのであれば、契約機を使ったカード発行が良いでしょう。大手の消費者金融なら日本全国に契約機が設置されており、夜まで営業をしているところも多いので仕事帰りでもカードが受け取れます。

よりスムーズに手続きを進めるなら、自動契約機に行く前にネットで申し込みをしておき、審査に通過したのであれば必要書類を持って近くの契約機まで行き、カード発行に必要な契約の手続きをすれば良いのです。

ネットで申し込んだからと言ってそのままWeb契約をする必要はなく、より素早く正確に消費者金融のキャッシングを即日融資で利用したいのであれば、Web審査後の契約機でのカード受け取りがおすすめとなります。

なぜネットで申し込んでおくのか

「契約機まで行ってカードを受け取るなら、その場で申し込みもすればいいのではないか」と思われる方もいることでしょう。たしかに消費者金融の自動契約機は申し込みも出来ますが、審査基準が明らかにされていないため、申し込んでも審査に落ちてしまう可能性もあります。

「わざわざ行ったのに審査に落ちてしまって借りられなかった」「しかも時間は夜になってしまっている」となってしまうと困り果ててしまいますので、予めネットで申し込んで審査を受けておき、審査結果を見てから契約機に行けば無駄も手間も無いのです。

人気の大手消費者金融の最新ランキング

第1位
おすすめ度:★★★★★
プロミス
週末でも即日融資も可能で頼れる
プロミス
実質年率借入限度額審査時間融資までの目安
4.5%~17.8%1~500万円最短30分最短即日
今日中に借りたい方もWeb契約なら平日14時まで、契約機でのカード発行ならネット審査後に営業時間内なら週末でも夜でも対応可能です。プロミスだけでなく三井住友銀行カードローンの契約機も使えるため、合計での設置台数は消費者金融の中でもトップクラスと言えます。また、初回契約時にはメールアドレスとWeb明細利用登録をすると30日間無利息のキャッシングも利用でき、素早くお得に借りられます。
第2位
おすすめ度:★★★★★
アコム
最短30分審査回答で急ぎの借り入れに
アコム
実質年率借入限度額審査時間融資までの目安
3.0%~18.0%1~800万円最短30分最短即日
消費者金融では唯一マスターカードのプリンシパルメンバーとなっているアコムは、ACマスターカードのクレジットカードを作ることも出来ます。TVCMでも放映されているように買い物にも使えるカードで、もちろんキャッシングも出来るようになっています。ショッピングが不要であればキャッシング専用のカードとすることも出来ますが、多くの契約機でもマスターカードの発行を行っているため、いざという時のために考えてみると良いでしょう。

消費者金融でよくある質問集

キャッシングの利用はばれませんか?
内緒で借りたいので電話連絡でばれてしまわないか心配です。
当サイトに掲載をしているような大手の消費者金融は秘密厳守としてくれますので、ばれないようになっています。確認の電話をする際にも本人以外には決してサービス名を明かすことはありません。また、借り入れ先によっては勤務先の確認を電話ではなく書類で行うところもあります。
アルバイトやパートでも申し込めますか?
収入が多くないので審査に通るか分かりません。
申し込み可能です。消費者金融の場合はアルバイトやパートの方でも収入が安定していれば申し込みが出来ますので、審査結果次第で借り入れも出来るようになります。ただ、専業主婦などの本人に収入を持たない方は、消費者金融のキャッシングは利用出来ませんのでご注意下さい。
申し込みには何が必要となりますか?
どこかから書類を取り寄せる必要があれば申し込みは避けたいです。
多くの消費者金融では本人確認書類があれば契約が出来ます。しかし、契約金額や他社の借り入れ金額次第では収入を証明する書類が必要になる場合や、勤務先への電話をしない確認方法を取る場合には社会保険証なども必要となることもあります。※ モビットの場合は借り入れ金額に関わらず、収入を証明する書類が必要となります。
いくらまで借りられますか?
2万円や3万円の借り入れ枠だと困ります。
消費者金融での初回契約時に借りられる金額は50万円以下、大体が30万円程度になることが多いため、一つの目安として30万円までと考えておくと良いでしょう。また、消費者金融のような貸金業者からの借り入れの場合には、年収の3分の1までに借金を制限する「総量規制」がありますので、年収の多くない方は大きな金額は借りられません。
返済が遅れてしまうとどうなりますか?
会社や自宅に取り立てが来ると困ります。
期日までに支払えない場合、金額が足りない場合にはまずは借りている消費者金融に連絡を入れてください。いつになれば支払いが可能かを相談することで、期日を引き延ばしてもらうことも可能です。しかし返済が遅れてしまうと通常の金利よりも高い遅延損害金が遅れた日数分だけ発生しますので、基本は遅れないようにしましょう。
限度額の増額は出来ますか?
出来ればもう少し多くを借りたいです。
可能です。半年以上の利用実績が必要となりますが、しっかりと支払っているのであれば増額の申請が出来ます。利用者側から消費者金融へ問い合わせるケースと、会員専用メニューやメールにて増額の案内が届くケースとがあります。それまでの実績に加え、年収や他社の利用状況なども全て加味して増額審査が行われ、通れば限度額が増えます。

借り入れ先をしっかりと選ぶようにする

借り入れ先をしっかりと選ぶ 消費者金融は大手とされるところだけでも複数のサービスが存在し、中堅や小規模なところまで含めると、それこそ数え切れないほどに存在してします。中小の消費者金融は限度額や利便性の面で劣るために考慮しないとしても、大手の中でどこから借りるかはよく考えるようにすると良いでしょう。

契約機を使うなら身近にあるのか、カードをコンビニや銀行ATMで使う予定なら対応するATMが近くにあるのか、あわせて手数料はどの程度かなど、自分自身の目的にあわせてしっかりと選ぶ必要があるのです。よく考えて選んで借りれば、キャッシングも失敗しづらいとも言えます。

金利や限度額はそこまで気にしなくても良い

銀行を含めると話も変わってきますが、消費者金融同士の比較をするのであれば、金利や限度額は気にする必要は無いとも言えます。上記の「よくある質問」にもあるように、初回の借り入れは大体が30万円程度となるため、金利もほとんどが上限金利での契約となります。消費者金融によって僅か違いこそありますが、17.8%~18.0%の借り入れとなるので差はほとんどありません。

限度額についても同様で、いくら増額が可能とは言っても年収の3分の1以上は借りられない「総量規制」があるため、最高限度額が500万円だとしても大半の利用者にとっては関係のない数字なのです。

消費者金融の比較をする際にはどうしても下限金利や限度額条件ばかりで比べてしまいがちですが、比較をするなら上限金利を見るようにし、限度額も利用額の下限を見るようにすると良い借り入れが出来るようになります。

キャッシングの利用は計画的に

キャッシングは計画的に使う 手軽に便利にお金を借りられる消費者金融のキャッシングも、借りすぎてしまうと、自分自身が困ります。借りたお金はしっかりと返済をしなければなりませんので、大きな金額を借りれば、利息も含めて返済の負担が大きく膨らんでしまうのです。

限度額に余裕があるとついつい無駄遣いで借りてしまうものですが、あくまで借金であるとする自覚を持ち、多くを借りればその分だけ負担が増えることを忘れずに、必要な金額を必要な期間だけ借りる計画的な利用をするようにして下さい。

トップへ戻る